EDの症状改善に効くと言われているバイアグラですが、少し調べてみると副作用が恐ろしいという情報をよく目にしませんか?果たしてバイアグラの副作用は本当に多く怖いものなのでしょうか?成分や効果についてしっかり調べることによってわかった事実を紹介します。もしかしたらあなたのバイアグラに対する誤解が解けるかもしれません。

みどりのカプセル
  • ホーム
  • バイアグラの病院処方の流れについて紹介

バイアグラの病院処方の流れについて紹介

薄い黄色いカプセル

バイアグラは1998年にアメリカで認可され、爆発的な人気を集めましたが、その作用の強さから正しく服用しないと、命に関わるリスクに発展することも珍しくありません。
こういった背景から、日本では翌年には異例の速さで認可されましたが、病院処方でなければ入手することはできません。
したがって、バイアグラを入手する際には泌尿器科などで診察を受けることになります。
以前は病院に行くことに抵抗を感じる人が少なくありませんでしたが、最近では専門外来を設けている泌尿器科も増えていますから、抵抗なく診察を受けることができるようになりました。

泌尿器科などの専門外来では、初診時には簡単な問診を行っています。
ここではEDの症状や既往歴や現在服用している薬がないか等を把握することが目的とされています。
というのも、バイアグラは心臓や心血管に疾患がある方や肝機能障害を患っている方、不整脈や重度の低血圧・高血圧の方などは服用することはできません。

さらに、硝酸剤などを常用している方も服用することができませんから、現在服用している薬があれば全て持参しておくことが大切です。
その後、問診の内容から医師が必要と判断した場合には、血液や尿の検査、心電図、血圧やテストロンの測定などが行われ、その結果、バイアグラの処方の可否、適切な容量が判断され処方箋が交付されます。

バイアグラの処方については、保険の適用とはならず自由診療になります。
自由診療の場合、診察にかかる料金は病院で決めることが、概ね初診料は5,000円から10,000円が相場となり、そこにバイアグラの料金が1,500円から2,000円程度かかります。
なお、2回目以降は検査等がない限り診察料は発生しない病院が大半です。

病院処方のメリットは、自分に適した容量のバイアグラを処方してもらえる点と、正しい服用方法を丁寧に教えてくれる点です。
さらに病院処方であれば、正しく服用したにも関わらず重度な健康被害を被った場合、補償制度の対象となることも大きなメリットです。
つまり、自分の健康を守り、バイアグラの効能を最大限に引き出すためにも、病院で診察を受けることはとても大切なことです。

バイアグラは何科で処方してもらえるの?

バイアグラは泌尿器科だけでなく、診療科を問わず処方してもらうことができます。
EDの専門外来に限らず、男性更年期障害の専門外来でも処方可能です。
どこの診療科で診察を受ける場合も自由診療とされるので保険が適用されません。
バイアグラには25mgと50mg、100mgの錠剤が存在します。日本国内では25mgと50mgが承認されていますが、100mgは未承認です。
バイアグラには国産ジェネリック医薬品も存在し、50mgの錠剤が流通しています。

病院で処方してもらう場合の1錠あたりの価格は、25mgが約1300円で50mgは約1500円とされます。
ただしED治療は自由診療なので料金は病院ごとに異なります。
初回は診察料などを含めると1錠あたり約3000円です。基本的に2回目以降の診察料は発生しません。
ED治療は自由診療とされるので高額な費用が必要です。
病院によっては初回診察料や薬代の割引を行っているところもあります。
バイアグラは診療科を問わず処方可能ですが、EDの専門外来の方が費用を抑えることができます。

病院でバイアグラを処方してもらう場合には、医師から適切な指導を受けることができるため安全です。
バイアグラを服用すると血管が拡張されて血圧が低下します。
硝酸剤や塩酸アミオダロン製剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬を併用すると、過度に血圧が低下する可能性があるので注意が必要です。
また6か月以内に心筋梗塞や脳梗塞、脳出血の既往歴がある場合や網膜色素変性症の場合は服用できません。
低血圧や高血圧の場合は、適切な治療が行われていれば服用できます。

バイアグラは即効性があり、短時間で強力にペニスを勃起させます。
ただし併用が禁止される医薬品や服用できない場合があります。健康上の不安がある場合は病院で処方を受けると安心です。
病院では診療科を問わずバイアグラを処方してもらうことができます。