EDの症状改善に効くと言われているバイアグラですが、少し調べてみると副作用が恐ろしいという情報をよく目にしませんか?果たしてバイアグラの副作用は本当に多く怖いものなのでしょうか?成分や効果についてしっかり調べることによってわかった事実を紹介します。もしかしたらあなたのバイアグラに対する誤解が解けるかもしれません。

みどりのカプセル

バイアグラの効果と持続時間

白い錠剤

性行為をしたくても勃起することができない、たとえ勃起したとしても途中で萎えてしまう、これらはどれもED・勃起不全の症状です。
そういった方におすすめなのが「バイアグラ」です。
ED治療薬として世界で一番最初に生まれた薬で、その他にもさまざまな薬が生まれているにも関わらず、未だに全世界での愛用者は少なくありません。
信頼度の高い薬なのです。

バイアグラの有効成分はシルデナフィルです。
服用することで勃起を抑制する酵素の働きを阻止する効果があるのです。
また、陰茎周辺の血管を拡張させ血流を円滑にすることで普段の状態よりも硬く大きくすることができます。

バイアグラは性行為の1時間前に服用してください。
食事と一緒に服用すると効果が半減してしまうため空腹時を狙ってください。
服用して40分ほどの期間で効果が感じられるはずです。その後、3時間から4時間程度の持続時間となります。

日本では25mg・50mgの容量のものが承認されています。
1日1回1錠にしておきましょう。100mgもありますが、小柄な日本人には多すぎます。
購入した場合には専用のカッターで半分にカットして使用してください。
多く服用しすぎると効果が高まるどころか悪い影響が強く出るだけです。

バイアグラには薬物耐性はありません。
毎日飲むことで効かなくなるということはないはずです。
依存症もないのですがただ精神的に依存してしまい、何かと使用する機会が多くなるのも考えものです。
年齢を重ねて性欲が減ってくるのは仕方がないこととはいえ、最近ではまだ若いといえる年齢でのED患者が増えています。

それは生活習慣の悪化やストレス・疲労など毎日の生活が大いに関係しているのです。
そのため、原因を探って改善することも必要なのです。
このままの生活を続けていれば、EDだけでなく生活習慣病も発症し、脳梗塞や心筋梗塞といった命に関わるような大きな病気を引き起こさないとも限りません。

バイアグラは服用する期間が長いと効果がなくなる?

バイアグラは服用するだけで男性の低下していた勃起力を回復させます。
ペニスの勃起力が回復すれば、男としての自信も蘇ります。
男性のQOL向上に効果的な生活改善薬としても今では認められています。

他の医薬品の中には継続的に一定期間、服用し続けると薬の主成分に耐性が生まれる製品があります。
市販されている風邪薬や睡眠薬にもそういった傾向が見られます。
バイアグラもまた場合によっては、一定期間継続的に服用する使い方になりやすく、耐性が自らの体に生まれてしまうと、ユーザーが考えてしまっても不思議ではありません。

バイアグラの主成分であるシルデナフィルに、いわゆる耐性が生まれるデメリットはなく、一定期間性生活で愛用してもリスクは生じないと考えられています。
実際に毎週の様にバイアグラを愛用し、セックスを楽しむ男性の多くが耐性を実感していません。

医薬品の中には頻度ではなく、利用期間が長くなると同じく耐性が生まれ、効果が減退する製品があります。
シルデナフィルは即効性が強く、体内に吸収されるスピードもさることながら、効果を正しく発現させた後は迅速に体外へと排出されていきます。
その結果、他の医薬品のように成分が長期間にわたり体内に残る事はなく、いわゆる推奨される容量を、毎晩用法を守って服用している限りであれば、耐性のデメリットを恐れる必要はないです。

半年から一年以上、バイアグラを愛用し続けてもシルデナフィルの効果は普段通り発揮されます。
性行為の持続時間は飲み始めた頃と同等です。
バイアグラは継続的に服用する事でむしろ男性としてのプライドが復活し、それが身体へ良い影響を与えますので、耐性のリスクに怯えて途中でやめるのではなく、しっかりと続けることが肝要です。