EDの症状改善に効くと言われているバイアグラですが、少し調べてみると副作用が恐ろしいという情報をよく目にしませんか?果たしてバイアグラの副作用は本当に多く怖いものなのでしょうか?成分や効果についてしっかり調べることによってわかった事実を紹介します。もしかしたらあなたのバイアグラに対する誤解が解けるかもしれません。

みどりのカプセル
更新履歴
たくさんの薬

「バイアグラ」は世界的に有名な製薬メーカー、ファイザーが製造・販売を行っているED治療薬です。
世界で初めて認可されたED治療薬として、ご存じの方も多いのではないでしょうか。
ED解消に高い働きを発揮するバイアグラですが医薬品である以上、副作用はつきものです。

バイアグラを服用して起こりうる副作用には、どのような症状があるのでしょうか。
またバイアグラを服用できない人がいるのかなどの注意点を調べてみました。

発現率が高い副作用

バイアグラを服用して特に発現率が高い副作用と言われているのが、「顔のほてり」です。
この症状はバイアグラに含まれる有効成分「クエン酸シルデナフィル」によって起こります。
クエン酸シルデナフィルは、血管を広げて血液の流れを促進する作用を持つ成分です。
陰茎部分の血流を促して正常な勃起をサポートするのがバイアグラの主な働きとなっています。

一気に血液の流れが良くなるので、顔がカーッと熱くなりほてり感を感じるようになります。
紅潮といって顔が赤くなるのもバイアグラで起こりやすい副作用の1つです。
また頭痛や鼻詰まりもバイアグラを服用した男性によく見られる副作用と言われています。

有効成分のクエン酸シルデナフィルは陰茎部分だけでなく、体全身の血管を広げて血流を促進する作用があります。
頭の血管が広がり血液の流れが良くなると、それが刺激となって頭痛を引き起こすケースがあるようです。
鼻詰まりも血行促進作用によって鼻の粘膜が充血したために現れる副作用の症状です。

ズキズキと頭が痛い状態だと、いざ性交渉という時にも頭痛が気になって集中できないでしょう。
バイアグラは痛み止めと併用しても問題ないED治療薬と言われています。頭痛が心配という方は一緒に痛み止めを飲んで対処しましょう。

この他に発現率が高い副作用としては、筋肉痛も挙げられます。筋肉痛のような腰痛や背中の痛みを感じる方もいるようです。
副作用が出ると聞くと、服用を躊躇ってしまう方もいるかもしれません。
ただ、バイアグラで多く現れる副作用はこのように軽度な症状です。
有効成分のクエン酸シルデナフィルが排出されれば、自然と症状は回復していきます。
EDに長年悩んでいるのであれば、1度バイアグラにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

バイアグラは正しい用法・容量を守りましょう

ファイザーが手掛けるバイアグラは、正しい用法・容量を守って活用するが鉄則のED治療薬です。
もし間違った服用方法をしてしまうと、全く効き目が感じられないというケースもあります。
そして副作用が強く出てしまうという危険性もあるので、初めてバイアグラを服用するという時には必ず正しい用法・容量をチェックしておくようにしましょう。

日本国内の病院で処方されているバイアグラに含まれている、有効成分クエン酸シルデナフィルの量は25mgと50mgの2種類となっています。
1日1回、1錠を服用する事によってEDを解消する事が可能です。
何となく2錠・3錠と規定の量より多く摂取すれば、より効き目が強く出るのでは?と思う方もいるかもしれません。

バイアグラの場合、決められた容量しか服用してはいけない事になっています。
過剰摂取してしまうと、副作用が起こるリスクがアップするので注意が必要です。
もし、1回服用して次にも試してみたいという場合は、24時間の時間を空けなければいけません。

錠剤を服用する際は、水かぬるま湯をチョイスするようにしましょう。水・ぬるま湯であれば、有効成分の吸収を妨げる事もなく安心して摂取できます。
バイアグラはとても食事に影響を受けやすいED治療薬です。野菜ジュースなどで飲んでしまうと、吸収率が低下して効き目も落ちてしまう可能性があります。

また最大限の効き目を実感したいのであれば、空腹時に服用するようにしましょう。
有効成分のクエン酸シルデナフィルは、油分の多い食事ととても相性が悪い成分です。
脂っこい食事をした場合、胃や腸についた食事の油分が膜となりクエン酸シルデナフィルの吸収を阻害してしまいます。
ですので空腹時に摂取するのがベストです。

バイアグラは服用後、約30分から効き目が現れ始め1時間でピークに達します。
この事を踏まえて性交渉を行う約1時間前には摂取しておくようにしましょう。

バイアグラを使用してはいけない人

バイアグラは副作用が出たとしても、比較的軽度な症状で済む事が多い安全な薬です。
ただ、場合によっては使用ができない人もいるので注意しましょう。
バイアグラを服用できない人として、当てはまるのが心筋梗塞や狭心症を患っている人です。

心筋梗塞や狭心症といった病気は、そもそも性行為自体を禁止されるケースがほとんどです。
性行為を行うと血圧や脈拍が上昇し、心臓に負担がかかります。
心筋梗塞・狭心症の症状が悪化してしまう危険性があるので、発症していると性行為自体が禁止されてしまいます。
特に狭心症を発症しているという場合、治療の際に処方される薬とバイアグラの相性が悪いです。
併用して服用する事さえできないので、狭心症だとバイアグラの服用はできません。

心筋梗塞・狭心症だけでなく、直近6ヶ月で脳梗塞・脳出血・心筋梗塞の既往歴があるケースも、使用してはいけない事になっています。
今現在、治療はしていなくても6ヶ月前にこれらの病気を発症していたら処方されません。
医薬品は肝臓で分解されるので肝臓病を患っている人だと、バイアグラの服用して肝臓に負担がかかってしまいます。
ですので重度の肝機能障害のある患者さんも、使用してはいけない事になっています。

この他には網膜色質変性症という、進行性の夜盲症と診断された人も服用は禁止です。
バイアグラは血管を広げる作用を持つ薬ですので、血液の流れが促進された事によって血圧が下がる事があります。
低血圧の人が摂取すると過度に血圧が下がってしまう危険性があるので、低血圧症も使用できない人に含まれます。

最大血圧90mmHg未満または最小血圧が50mmHg未満だと、低血圧症と診断されるので使用しないようにしましょう。
逆に治療で血圧をコントロールしていない、高血圧の患者さんも処方を断られてしまうケースが多いようです。

バイアグラと併用してはいけない薬

医薬品の中には飲み合わせが悪く、併用してはいけないという種類もあります。
このような薬は併用金医薬と言われており、自分の身体を守る為にも医薬品を服用する場合には必ずチェックしておきたいポイントです。
バイアグラにも併用禁忌薬と言われる医薬品があるので、事前に確認しておきましょう。

バイアグラと併用できない薬として挙げられるのは、狭心症の治療に処方されている医薬品です。
ニトログリセリンをはじめとする、硝酸剤や一酸化窒素供与剤が当てはまります。
ニトログリセリンなどの医薬品は狭心症の症状を緩和する為に、血管を拡張する作用があります。

バイアグラも狭心症の治療薬同様、血管を広げる作用を持つ医薬品です。
同時にこれらの医薬品を服用してしまうと過剰に血管が広がってしまい、急激に血圧が下がってしまう恐れがあります。
急な低血圧はショック状態を引き起こし、場合によっては死亡してしまう事も考えられる非常に危険な状態です。
ですので、ニトログリセリンなど硝酸剤や一酸化窒素供与剤の医薬品で治療をしている場合は、バイアグラとの併用は避けましょう。

硝酸剤や一酸化窒素供与剤には飲み薬だけでなく、舌下錠、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬、スプレーなど、さまざまなタイプが存在しています。
硝酸剤や一酸化窒素供与剤であれば、どのタイプであっても併用は禁止です。
また高血圧や前立腺肥大の治療薬として処方されるα遮断薬や、降圧剤全般、不整脈の治療薬の1部も併用禁忌薬となっています。

持病があり何等かの医薬品で治療を行っている方は、まず医師に相談してバイアグラを服用できるかどうか、処方されている医薬品が併用禁忌薬に該当していないか相談してみましょう。